~福利厚生で社員もハッピーライフ~

福利厚生で社員もハッピーライフでは福利厚生について社員目線で大事なポイントを日記風な読み物でお伝えできればいいなと思います。

タグ:給与

福利厚生は賞与(ボーナス)と同じであくまでもオプションという考え方もありますが、社員の満足度を給与以外の面でも満たすことはスタッフの定着率の改善も含めて非常に大事な要素の1つです。最近、福利厚生の調査も含めて様々な企業の福利厚生について調べています。

その福利厚生が入社意欲につながるかどうかは不透明ですが、やはり色々な福利厚生があると社員のことをきちんと考えてくれている会社なんだなというイメージ戦略としては充分すぎる効果が得られると思います。求人は出して求人ページを閲覧されても実際に求人に応募してくる人数はそう多くはありません。もちろん大企業や有名企業であれば応募も殺到するでしょう。しかし中小企業では人材不足が露見しているところが大多数でしょう。そんな中で他の企業との差別化という意味でも大きな武器として福利厚生を位置づけることが大事です。

そんな中注目すべきはやはり昼食関連の福利厚生です。もちろん住宅手当や住宅補助なども含めて衣食住の住が一番ベストですが、費用対効果を考えてコスパで見るとやはり衣食住の食の部分をサポートすることは非常に有効に作用するでしょう。とくにランチ代が1000円を超えるような東京などのオフィス街であったとしても月間22日稼動として22,000円で社員の交流促進の意味合いも考えるとお得です。もちろん家賃補助の方がコストがかかるのはこれを見ても明快でしょう。さて、社員が本当に満足できる福利厚生の回答、これで出たのではないでしょうか?

まず、福利厚生は会社が与えてやっているものという認識を改めましょう。社会保険が福利厚生なのですから、あくまでも当たり前の権利に近いというのが、福利厚生です。

もちろん福利厚生は最低限で構わないという風に考える経営者もいるでしょう。給与だけではなく、さらに福利厚生がコストとして上積みされると聞くと唖然とするかもしれません。でも待ってください。実は福利厚生は大きな節税対策にもなるのです。

税金を持っていかれるくらいなら社員に還元して満足してもらえるほうがいいと思いませんか?慰安旅行や借り上げ社宅などはかなり大きな節税対策手法として有名です。また慶弔見舞金などもありますが、慰安旅行や借り上げ社宅などと比較すると人気が低い部類の福利厚生です。

これは会社が個々人のプライベートに強く関与することを嫌う社会的な風潮が少なからず影響していると思われます。節税目的だけで考えるのではなく、最終的に社員が満足できるような内容の福利厚生の充実が必要です。

↑このページのトップヘ