~福利厚生で社員もハッピーライフ~

福利厚生で社員もハッピーライフでは福利厚生について社員目線で大事なポイントを日記風な読み物でお伝えできればいいなと思います。

タグ:コスト

まず、福利厚生は会社が与えてやっているものという認識を改めましょう。社会保険が福利厚生なのですから、あくまでも当たり前の権利に近いというのが、福利厚生です。

もちろん福利厚生は最低限で構わないという風に考える経営者もいるでしょう。給与だけではなく、さらに福利厚生がコストとして上積みされると聞くと唖然とするかもしれません。でも待ってください。実は福利厚生は大きな節税対策にもなるのです。

税金を持っていかれるくらいなら社員に還元して満足してもらえるほうがいいと思いませんか?慰安旅行や借り上げ社宅などはかなり大きな節税対策手法として有名です。また慶弔見舞金などもありますが、慰安旅行や借り上げ社宅などと比較すると人気が低い部類の福利厚生です。

これは会社が個々人のプライベートに強く関与することを嫌う社会的な風潮が少なからず影響していると思われます。節税目的だけで考えるのではなく、最終的に社員が満足できるような内容の福利厚生の充実が必要です。

福利厚生を自社で様々なものをスタッフのために準備することは大変です。飲食業であれば、通常のお客様に提供するよりも安価な価格で食べられたり、お客様には提供しないものの余った具材などを使った賄い飯などは効率もよく、コストが大きく上乗せされるわけではないので、おすすめです。これらは事業ドメインとの関連が高い福利厚生でスタッフの満足度も以外と高いのです。

個人的にも学生時代に大手の全国チェーンの居酒屋でアルバイト経験がありますが、バイト料からの天引きだったので、手持ちがなくても食事にありつけるのはとても助かりました。しかし、多くの企業は飲食店ではないので、食事の支給は簡単ではありません。福利厚生の人気はやはり衣食住に関わる部分ですので、住の部分は家賃補助や社宅、借り上げ住宅になりますが、日々のコストとなるランチ代を賄うとなると大変です。

ある程度の規模の企業であれば、調理人を雇って、自社の食堂を運営することも容易ですが今の時代、社食があるのは珍しいでしょう。そういう意味でチケット制のランチを福利厚生で行なっている会社も出てきています。チケット制を普及促進しているアウトソーシング会社も出てきており、人気なのは言うまでもありません。

福利厚生のことをブログにしていると、こんな福利厚生があったらいいなというアイデアがふつふつと沸いてきますが、実際問題、税金の控除などもあるので、うまく活用して、税金対策を行なう企業も少なくありません。

また福利厚生のことをよく調べてみるとかなり多くの企業が福利厚生のアウトソーシングに参入していることが分かります。これだけ福利厚生のことが注目されているのにも関わらず、なかなか社員の満足度が上がらないというのはコストの問題だけではないような気がします。やはり、社員が日ごろから使えるような福利厚生を導入することが大事です。
 
ちなみにアンケート結果を取り上げるというふうに書いていましたが、今の今まで書いていないので、次回に持ち越そうと思います。自社でアンケートを取ってみるのもいいのですが、実際には四半期ごとに利用率というか稼働率を確認することで、顕在化している福利厚生のニーズを引き出すことができるのではないかと考えます。最近は様々な福利厚生が登場しているので、コストとの兼ね合いではありますが、現在の社員の要望をうまく取り入れつつ、新規に入ってくるであろう社員のニーズもアンケート結果などからうまく引き出すことが重要です。

福利厚生のこと、今日も書いていきたいと思いますので、ぜひお付き合いください。前回、様々な福利厚生の内容について触れたことは覚えていますか?今回の記事が初めてという方はぜひ前回も合わせてご覧下さい。今後の参考になると思いますのでおすすめします。さら福利厚生と言っても様々あることはお分かり頂いているとしてどんなものでも多くあることに越したことはありません。

しかし、よく考えてみてください。実際に会社の経費として福利厚生は成り立っているので、景気が悪くなったり、業績に大きな影響が出てきた場合、真っ先に切られる傾向にあるのが、この福利厚生です。さて、そんな中、社員の満足度を高めるのであれば、やはりどんな福利厚生があると良いのか聞いてみるといいでしょう。そうすることで本当に必要なものと、そうでもないものという精査を行なうことでコストも効率化を図ることができます。

次回は社員が希望している福利厚生についてアンケート結果を交えてお話できれば幸いです。

↑このページのトップヘ