~福利厚生で社員もハッピーライフ~

福利厚生で社員もハッピーライフでは福利厚生について社員目線で大事なポイントを日記風な読み物でお伝えできればいいなと思います。

タグ:アルバイト

福利厚生を自社で様々なものをスタッフのために準備することは大変です。飲食業であれば、通常のお客様に提供するよりも安価な価格で食べられたり、お客様には提供しないものの余った具材などを使った賄い飯などは効率もよく、コストが大きく上乗せされるわけではないので、おすすめです。これらは事業ドメインとの関連が高い福利厚生でスタッフの満足度も以外と高いのです。

個人的にも学生時代に大手の全国チェーンの居酒屋でアルバイト経験がありますが、バイト料からの天引きだったので、手持ちがなくても食事にありつけるのはとても助かりました。しかし、多くの企業は飲食店ではないので、食事の支給は簡単ではありません。福利厚生の人気はやはり衣食住に関わる部分ですので、住の部分は家賃補助や社宅、借り上げ住宅になりますが、日々のコストとなるランチ代を賄うとなると大変です。

ある程度の規模の企業であれば、調理人を雇って、自社の食堂を運営することも容易ですが今の時代、社食があるのは珍しいでしょう。そういう意味でチケット制のランチを福利厚生で行なっている会社も出てきています。チケット制を普及促進しているアウトソーシング会社も出てきており、人気なのは言うまでもありません。

福利厚生が近年、特に大きく注目が集まってきている理由は○○という風に書きましたが現実問題、足りないの
は人材不足です。個人的には実感はありませんが、社会全体の労働力が低下していることもあり、どこも人材の
奪い合いというのが現状です。

そのため、アルバイトの時給も最低賃金などを安易に設定していると求人募集に応募がまったくないということも少なくないそうです。今後、人不足を解消するために、海外からの移民の受け入れを政府が行なうような動きもあるそうですが、ヨーロッパを中心に移民政策を推進していた国々が景気動向によって自国民の不満が炸裂するようなことも多々散見されている状況からは島国で閉鎖的なイメージがある日本で積極的に受け入れることは日本経済の回復に大きく寄与するかどうかは不透明です。

今後もオリンピック開催の影響などを受けて、さらにこの人手不足は解消されないピンチは続くでしょう。そこで大きく注目されてくるのが、福利厚生になるのです。充実した福利厚生によって人材の流出を食い止めることになるので、新規の人材を集めて育てるよりはいくぶんかは効率的です。もちろんボーナスや給与で満足度をあげることも大事ですが、費用対効果をうまく考えて選択しましょう。

↑このページのトップヘ